大腸がん克服術【様々ながんの治療について学ぶ】

doctor

珍しいがん

男性

早期治療が効果的

指12本分の長さしかない胃と小腸をつなぐ臓器が十二指腸です。十二指腸がんは十二指腸にできるがんでありその治療は外科手術です。切除を行いますが、切除不可能の場合には抗がん剤や放射線治療を行います。ほかのがんと同様に進行がんや転移がんなどへの対応も懸念されるためリスクが多いのも事実です。胃がんはよく発症しますが、十二指腸がんは稀な存在です。そしてその殆どが良性の腫瘍から発展したものです。つまり早い段階での治療が最も重要ということになります。進行がんの5年生存率は極めて低く、治療は早期であればあるほど効果的です。十二指腸がんに対してはNK療法が有効とされており、免疫細胞の力を借りて自己回復力を高めるのが一番であります。

患者の体に負担をかける

十二指腸がんは十二指腸だけに限らず広範囲な切除が必要となります。そのため実施される手術では、乳に市長、小腸の一部、胆のう、胃の三分の二を切除する大掛かりな手術です。合併症の発生率も高く腫瘍や糖尿病などの危険性も高まります。切除は体の負担だけでなく精神的な負担も大きく患者のリスクを高めることになります。逆に切除を行わない場合は、放射線治療や抗がん剤になりますが、胃や腸の粘膜炎や潰瘍を引き起こすこともあります。そのためNK治療のような体に負担をかけず副作用の発生しない治療法が注目されているのです。抗がん剤や放射線治療ではがんの切除ではないために再発や効果の得られない場合もあります。その負担を考えるとNK療法が適切なのです。